【マイクラ】「地図」の作り方を紹介!「製図台」の使い方も解説【Minecraft】(攻略大百科)

【マイクラ】「地図」の作り方を紹介!「製図台」の使い方も解説【Minecraft】(攻略大百科)

あわせて読みたい

【マイクラ】「地図」の作り方を紹介!「製図台」の使い方も解説【Minecraft】

Java版・統合版マインクラフト(Minecraft)の冒険で誰もが直面する課題が、「道に迷う」「帰り道がわからなくなる」ということ。新しいバイオームを求めて遠い場所へ行くのはよくある話ですが、その結果迷ってしまい拠点に戻れなくなっては意味がありません。

そこで今回紹介するのが「地図」です。地図を作成することで、今どこにいるのか、拠点がどこにあるのか把握しやすくなります。作成コストは低いので、もし材料が余っていれば作ってみましょう。

「地図」とは

地図は、一定範囲の地形の形状を記録できるアイテムです。基本的には実生活で使用する地図と同じで、北が上、南が下になります。

マーカーが自分が今いる場所と方向を示してくれるので、道に迷ったときに便利です。

地図をクラフトする

地図は作業台で作成することができます。

Java版

紙×8コンパス×1で作成できます。

統合版

紙×9で作成できます。

地図を埋める

最初に作成した段階で地図に全ての範囲が映っているわけではありません。地図を手に持ち歩き回ることで、白紙だった地図が埋まっていきます。手に持っている状態でなければならず、インベントリに入っているだけでは更新されません。

額縁に飾れる

地図は額縁に飾ることができます。複数の地図を持っている場合、額縁に貼ることで巨大な地図になります。代わりに輝く額縁を使用すると暗い場所でも見やすくなり、おすすめです。

クラフトできない特殊な地図について

クラフトで作成する地図とは別に、隠された宝や構造物の位置を示す特殊な地図も存在します。詳しくは以下の記事をご覧ください。

統合版 宝の地図と宝の見つけ方!コマンドで簡単に見つける方法も追加!

お役立ち

マインクラフト(Maincraft)バージョン1.4の水アップデートで追加された宝の地図…

続きを読む

地図をカスタマイズする

製図台とは

製図台とは、地図のカスタム専用のブロックです。紙×2と板材×4でクラフトできます。

地図のカスタマイズの大半は作業台で行えますが、製図台を使うことで材料の節約が可能です。当記事は作業台・製図台両方での方法を記載します。

地図の範囲を拡張する方法

地図の範囲を広げ、より遠くの地形も記録できるようになります。普段より遠くへ移動する場合、拡張しておくと見切れずに済む可能性があります。

作業台

紙×8が必要です。

製図台

紙×1が必要です。

地図を複製する方法

オリジナルと同じ地図をコピーし増やすことができます。主にマルチプレイで、友達に同じ地図を共有するのに使います。

作業台

白紙の地図×1〜8が必要です。一度に最大8個までコピーすることができます。

製図台

白紙の地図×1が必要です。

地図をロックする方法

地図の更新がされなくなります。例えば開発前の地図をロックして保存しておき、周辺の開発を済ませてから別の地図を作成すると、その土地のビフォーアフターを比較して見ることができます。

作業台

作業台では地図をロックすることができません。

製図台

ガラス板×1が必要です。

 

地図を持っておくだけで、心の赴くままに冒険しても問題なさそうな安心感が生まれます。コスパのいいアイテムなので、遠征するまえに一つ作っておきたいです。地図さえあれば、次こそは無事に拠点まで戻ることができるでしょう。

続きを見る(外部サイト)

攻略大百科カテゴリの最新記事